メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

細田派、自粛ムード 内閣改造前、問題相次ぎ

 自民党の最大派閥、細田派(96人)で所属議員に相次いで問題が浮上し、内閣改造・党役員人事を前に「猟官運動」の自粛ムードが広がっている。

 同派は安倍晋三首相の出身派閥。細田博之会長(党総務会長)は10日、松江市の講演で、内閣支持率の急落を懸念する会場からの質問に「首相には政策を深化させてほしい。寄り道をするひまはない」と答え、安倍政権の経済、外交政策に支持を訴えた。

 しかし、同派に対する党内の視線は冷ややかだ。東京都議選の告示直前、学校法人「加計学園」の獣医学部新…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子中学生を脅迫容疑、31歳男逮捕 警視庁
  2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  3. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  4. 韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判
  5. 勤労統計の資料を廃棄 厚労省04~11年分、再集計は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです