メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
晴れ時々OFF

銀座で「拓郎」再現ライブ

曲の合間に軽妙なトークを披露する井上ともやすさん=東京・銀座で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 東京・銀座にコアな音楽ファンが集まる空間があると聞き、出かけてみた。アメリカ音楽のブルーグラスの中心地として知られるライブハウス「ロッキートップ」。そこでは自称「日本で2番目に拓郎がうまい男」が歌っていた。

 5月17日付の本紙記事「ハマりました。」によると、英国の伝説的なロックバンド「QUEEN」(クイーン)のコピーバンド「GUEEN」(グイーン)が人気を博している。ビートルズのコピーバンドもたくさん存在する。本家のライブを二度と見られなくなった今、ファンをとりこにしているらしい。しかし、吉田拓郎さん(71)は現役だ。昨秋も首都圏ライブを成功させている。「一番うまい」本人がいなくなった後に、どうしてこんなに悲しいんだろう、とファンが集まるのなら理解できるが……。素朴な疑問を抱いて銀座へ向かった。

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1538文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです