メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

浴衣、簡単に着たい ひも結ぶだけ、着崩れ解消

(左から)[1]おはしょりと腰ひもが縫い付けられた「やまと」のクイックゆかた[2]帯の内側にある接着テープを留める[3]帯の結び目は最後に背中側に回す

 夏本番のこれから、各所で続々と開かれる花火大会。浴衣で出かけたいけれど、着付けに自信がなく二の足を踏んでいる人は多いのでは。簡単に着られる浴衣や、現代的で着やすい浴衣を紹介する。

 浴衣のハードルは何と言っても着付け。着物の老舗「やまと」が2015年、20代の未婚女性約700人に実施したアンケートでは、「浴衣を着る際に最も気がかりなこと」として「自分で着られない」と答えた人が41%と最多で、「着崩れ」を挙げた人は22%いた。そうした心配を解消しようと、やまとは1人でも短時間で着られる「クイックゆかた」の販売を今年4月から始めた。

 クイックゆかたは、着崩れしやすいおはしょりが縫い留めてあり、襟先に付いた腰ひもを巻いて結ぶだけの作…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1195文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]