メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

浴衣、簡単に着たい ひも結ぶだけ、着崩れ解消

(左から)[1]おはしょりと腰ひもが縫い付けられた「やまと」のクイックゆかた[2]帯の内側にある接着テープを留める[3]帯の結び目は最後に背中側に回す

 夏本番のこれから、各所で続々と開かれる花火大会。浴衣で出かけたいけれど、着付けに自信がなく二の足を踏んでいる人は多いのでは。簡単に着られる浴衣や、現代的で着やすい浴衣を紹介する。

 浴衣のハードルは何と言っても着付け。着物の老舗「やまと」が2015年、20代の未婚女性約700人に実施したアンケートでは、「浴衣を着る際に最も気がかりなこと」として「自分で着られない」と答えた人が41%と最多で、「着崩れ」を挙げた人は22%いた。そうした心配を解消しようと、やまとは1人でも短時間で着られる「クイックゆかた」の販売を今年4月から始めた。

 クイックゆかたは、着崩れしやすいおはしょりが縫い留めてあり、襟先に付いた腰ひもを巻いて結ぶだけの作…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1195文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]