メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

浴衣、簡単に着たい ひも結ぶだけ、着崩れ解消

(左から)[1]おはしょりと腰ひもが縫い付けられた「やまと」のクイックゆかた[2]帯の内側にある接着テープを留める[3]帯の結び目は最後に背中側に回す

 夏本番のこれから、各所で続々と開かれる花火大会。浴衣で出かけたいけれど、着付けに自信がなく二の足を踏んでいる人は多いのでは。簡単に着られる浴衣や、現代的で着やすい浴衣を紹介する。

 浴衣のハードルは何と言っても着付け。着物の老舗「やまと」が2015年、20代の未婚女性約700人に実施したアンケートでは、「浴衣を着る際に最も気がかりなこと」として「自分で着られない」と答えた人が41%と最多で、「着崩れ」を挙げた人は22%いた。そうした心配を解消しようと、やまとは1人でも短時間で着られる「クイックゆかた」の販売を今年4月から始めた。

 クイックゆかたは、着崩れしやすいおはしょりが縫い留めてあり、襟先に付いた腰ひもを巻いて結ぶだけの作…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです