メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 「今を生きる」決意=越智貴雄

関東パラ選手権で好結果を残した反町(右)=写真家・越智貴雄さん撮影

 陸上関係者から有望な選手がいるという情報を聞きつけたのが、反町公紀(まさとし、19歳)と出会うきっかけだった。自宅がある群馬県で練習風景を撮影すると、柔和な見た目が練習でひょう変した。走り込みで肉体から発せられる爆発的なエネルギーに魅せられ、無我夢中でシャッターを切り続けた。

 反町が幼稚園生の時から打ち込んだのはラグビーだ。小学6年になると、秩父宮ラグビー場で行われたトップリーグの前座試合に東日本代表メンバーとして出場。将来を期待されていた。ところが、直後の冬休みに横断歩道…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです