特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨

避難者なお1800人 死者25人に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
安否不明者の捜索に向かう自衛隊員ら(手前)=福岡県朝倉市で2017年7月10日午前9時51分、本社ヘリから野田武撮影
安否不明者の捜索に向かう自衛隊員ら(手前)=福岡県朝倉市で2017年7月10日午前9時51分、本社ヘリから野田武撮影

 九州北部豪雨の被災地では10日も安否不明者らの捜索活動や所在確認が続き、福岡県朝倉市では男女3人が心肺停止状態で見つかり死亡が確認された。8日に福岡県柳川市の有明海で遺体で見つかった男性は豪雨で被災して川から流れ着いたと判断した。福岡、大分両県の死者は計25人になった。一方、被害が甚大な朝倉市と福岡県東峰村、大分県日田市の避難者は10日夜の集計で依然として約1800人に上っている。【蓬田正志、中村清雅、平川昌範】

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集