雑記帳

2007年7月の中越沖地震で土蔵が全壊するなどした…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奇跡的に助かった新酒のタンクの前で「越の誉 蔵の至宝」を持ってほほ笑む原吉隆社長=新潟県柏崎市の原酒造で2017年7月10日、内藤陽撮影
奇跡的に助かった新酒のタンクの前で「越の誉 蔵の至宝」を持ってほほ笑む原吉隆社長=新潟県柏崎市の原酒造で2017年7月10日、内藤陽撮影

 2007年7月の中越沖地震で土蔵が全壊するなどした新潟県柏崎市の酒造会社「原酒造」が10日、奇跡的に難を逃れた貯蔵タンクの酒を「越の誉 蔵の至宝」として発売した。

 限定1200本、720ミリリットル入り7560円。7代目社長の原吉隆さん(59)が一つだけ無事だった新酒のタンクを「会社の守り神に」と…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

あわせて読みたい

注目の特集