メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

「川柳界の与謝野晶子」時実新子没後10年 わが胸で伐採音の絶え間なし 鮮烈な自我、情念の炎

 人生の哀歓や男女の修羅を実直に詠んだ川柳作家、時実新子(ときざねしんこ)(1929~2007年)が没して今年で10年。新子が川柳に開眼した地・兵庫県姫路市の姫路文学館は9月から約1カ月間、新子川柳の魅力とともに自在な生き方をした実像に迫る展覧会を開催する。阪神大震災時(1995年1月)には川柳で被災者を励まし、一筋の道を独立独歩で進んだ。そんな新子川柳に打たれた一人で彼女に師事した川柳人、芳賀博子さん(55)=神戸市在住=を導き手に、改めて作品の魅力、人となりを振り返った。【有本忠浩】

行末を激しく問いぬキリギリス

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです