メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進、予算委など要求…自民、回答を保留

 自民党の竹下亘、民進党の山井和則両国対委員長は11日午前、国会内で会談した。

     学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、山井氏は安倍晋三首相が出席する衆参予算委員会の集中審議や、臨時国会の早期召集を要求。竹下氏は「他の党幹部と相談したい」と回答を保留した。

     加計学園問題では衆参両院の閉会中審査が10日行われ、文部科学省の前川喜平・前事務次官らが出席した。竹下氏は記者団に「野党の質疑は堂々巡りしていた。前川氏の話も新しいものはなかった」と語り、予算委開催に慎重な姿勢を示した。

     一方、山井氏は「首相は『丁寧に説明する』と国民に約束した。予算委出席を拒む理由はない」と強調した。【光田宗義、真野敏幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
    2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
    3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
    4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
    5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]