メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名前は「ましろ」に決定 東武動物公園

東武動物公園で生まれたアルパカの雌の赤ちゃん「ましろ」。成長につれて体毛で覆われる=東武動物公園提供

 埼玉県宮代町の東武動物公園でアルパカの雌の赤ちゃんが生まれ、「ましろ」と命名された。アルパカは暑さに弱いため、夏季は冷房のある屋内施設「ふれあい動物の森 森の教室」で見学できる。

     ましろは5月15日、父ハクトと母コナユキの間に生まれた。飼育員が三つの名前の候補を考え、6月11~25日に来園者による投票を行った。計1792票を開票した結果、最も多い912票を得た「ましろ」に決まった。

     ましろは生後1カ月半が過ぎ、体重が出生時の約2倍の11キロに増え、順調に成長している。アルパカは南アメリカ大陸の高地で主に家畜として飼われる草食動物で、体毛が生活用品に加工される。成長すると体長約2メートル、体重50キロ程度になる。【木村健二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
    2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
    3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
    4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
    5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]