メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

「国が規制を」学術会議が提言案

 生物の遺伝子を効率よく改変できる新技術「ゲノム編集」をヒトの受精卵や精子、卵子に使う生殖医療について、日本学術会議の検討委員会(委員長=五十嵐隆・国立成育医療研究センター理事長)は10日、生まれる子の健康への影響を理由に臨床応用を当面禁止するよう国の規制を求める提言案をまとめた。

     ヒト受精卵などへのゲノム編集を巡っては、遺伝病の治療につながるという期待の一方、安全面や倫理面で課題が指摘されている。内閣府の生命倫理専門調査会が昨年4月の中間報告で、子宮に戻さない基礎研究に限り容認する一方、国による指針の作成は見送る方針を示していた。

     提言案では、基礎研究であっても目的別に分け、ヒトが生まれる仕組みの解明を目指す研究は認める一方、生殖医療への応用を目指す研究は当分控えるよう求めた。遺伝性の病気を予防する臨床応用についても「生まれる子の健康に重大な懸念がある。当面禁止が妥当」とした。

     また、実験的な生殖医療も含め、包括的な法規制の検討も求めた。【荒木涼子、千葉紀和】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]