メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

地方発で全国エンタメまつり ゲーム関連40社集結

人気ゲームキャラクターの着ぐるみとともに「ぜんため」をPRする平田英樹実行委員長(右)と猿橋健蔵実行委員=岐阜市役所で2017年7月5日、高橋龍介撮影

 日本を代表するゲームソフトメーカーなど約40社が参加し、人気ゲーム体験や限定グッズを販売するなどのゲームイベント「全国エンタメまつり」(ぜんため)が8月5、6日、岐阜市中心部の柳ケ瀬商店街で開かれる。【高橋龍介】

 実行委員会(宇宙と大地プロジェクト、ヒラタ産業)主催、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、十六銀行協賛。名鉄岐阜駅前の同行本店の特設ステージで、各ゲームメーカーやご当地マスコットキャラクターが集合、コスプレショーも予定。柳ケ瀬商店街内の4カ所で「うたの☆プリンスさまっ♪SHINING STORE」特別出張会場を設置、参加メーカーによるゲーム大会やライブがある。映画館CINEX地下では仮想現実(VR)体験…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです