メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

地方発で全国エンタメまつり ゲーム関連40社集結

人気ゲームキャラクターの着ぐるみとともに「ぜんため」をPRする平田英樹実行委員長(右)と猿橋健蔵実行委員=岐阜市役所で2017年7月5日、高橋龍介撮影

 日本を代表するゲームソフトメーカーなど約40社が参加し、人気ゲーム体験や限定グッズを販売するなどのゲームイベント「全国エンタメまつり」(ぜんため)が8月5、6日、岐阜市中心部の柳ケ瀬商店街で開かれる。【高橋龍介】

 実行委員会(宇宙と大地プロジェクト、ヒラタ産業)主催、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、十六銀行協賛。名鉄岐阜駅前の同行本店の特設ステージで、各ゲームメーカーやご当地マスコットキャラクターが集合、コスプレショーも予定。柳ケ瀬商店街内の4カ所で「うたの☆プリンスさまっ♪SHINING STORE」特別出張会場を設置、参加メーカーによるゲーム大会やライブがある。映画館CINEX地下では仮想現実(VR)体験…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです