メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

釧路港

サンマ初水揚げ 大型2000円、今年も高値

初水揚げされ、市場に並べられたサンマ=北海道釧路市幸町の釧路和商市場で2017年7月10日、平山公崇撮影

 北海道東沖のサンマ流し網漁が解禁され、釧路港に10日、初水揚げされた。昨年に続き、資源量が少ないと予想され、解禁日の8日に出漁したのは一部だったが、9隻が計約2.5トンを水揚げ、まずまずのスタート。大きいサイズは1キロ当たり1万4000円と、今年も高値がついた。

     1匹当たりの価格は約2000円。釧路市の釧路和商市場では「石山商店」が消費者向けに規格外の商品を100グラム130円で店頭に並べた。相原成三郎社長(69)は「これくらいの値段じゃないと買ってもらえない。庶民の味のサンマを安く味わってもらえるよう、今後の漁に期待したい」と話した。主力の棒受け網漁は8月20日に解禁され、漁が本格化する。【平山公崇】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    2. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    4. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    5. 和歌山水難偽装 「警察に怪しまれている」容疑者、上司に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]