メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨

「愛犬の面倒見んと」妻亡くした男性

避難所となっている杷木中学校の体育館前につながれたゴン太=福岡県朝倉市で2017年7月9日午後2時15分、高嶋将之撮影

 九州北部豪雨は25人の命を奪った。ある日突然、大切な家族や友人を失った人たちは悲しみに暮れ、現実を受け入れられずにいる。【高嶋将之、佐野格、林壮一郎】

 「何とも言えない。動物が好きな人でした」。福岡県朝倉市杷木(はき)白木の小嶋重美さん(69)は、妻初子さん(69)がかわいがっていた愛犬をなでながら、家ごと濁流に巻き込まれ亡くなった妻への思いを語った。

 記録的な大雨となった5日午後4時半ごろ、初子さんは自宅の1階から2階にいた重美さんに早く逃げるよう大声で呼び掛けた。「早く下りてこないと危ないよ」。重美さんが1階に下りる前に、土砂が家をのみ込んだ。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです