メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学新テスト

英語に高まる関心、民間試験志願が急増

英語塾「キャタル」で学ぶ子どもたち。読む・聞く・書く・話すの4技能に磨きをかける=東京都渋谷区で2017年7月9日午前11時13分、水戸健一撮影

「話す」訓練、塾も活況

 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストの英語に、民間試験の活用が決まってから、民間の英語試験への関心が高まっている。高校生の志願者は急増し、大学受験を見据えて英語塾の門をたたく子どもたちも増えている。【金秀蓮、水戸健一】

 文部科学省は大学入学共通テストに採用する民間試験(認定試験)を今年度中に決める予定で、英検やTOEFLなど8種類を候補として挙げている。読む・聞く・書く・話すの4技能を測るのが目的だ。

 志願者が急増しているのは、候補の一つ「TEAP(ティープ)」。試験は年3回あり、今年度の1回目は今…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1148文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は短距離離陸型F35B
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです