メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

ナダル4回戦敗退、猛追届かず

 【ウィンブルドン前本麻有】テニスのウィンブルドン選手権第7日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男女シングルス4回戦などが行われ、男子は全仏オープン優勝のラファエル・ナダル(スペイン)が4時間48分に及ぶ激闘の末、3-6、4-6、6-3、6-4、13-15で第16シードのジレ・ミュラー(ルクセンブルク)に敗れた。この試合が長引いた影響で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)とアドリアン・マナリノ(フランス)の対戦は第8日に変更となった。

 女子は第14シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が昨年準優勝で第1シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)を破るなどして、8強が出そろった。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  2. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  3. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです