奈良市議選

「維新」で当選に憤慨 落選の「維新」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9日投開票された奈良市議選(定数39)で、国政政党の「日本維新の会」と同一名の政治団体を設立し、公認候補として出馬した現職が最下位で当選した。一方、国政政党の公認で出馬した新人の1人は26票差の次点で落選。法律上の問題はないが、政党の維新側は「有権者を欺いている」と憤慨している。

 最下位で当選したのは松下幸治氏(44)。松下氏は、2016年4月、自身を代表に政治団体「日本維新の会」の設立…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい