特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

加計問題

前川氏と政権側、論戦は平行線 閉会中審査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、衆参両院は10日、文部科学・内閣両委員会合同の閉会中審査をそれぞれ行い、前川喜平・前文科事務次官らを参考人招致した。前川氏は在職中の昨秋に和泉洋人首相補佐官から早期開学を求められたことを挙げ、「首相官邸の関与がある」と強調。一方、山本幸三地方創生担当相は「一点の曇りもない。(首相)個人の意見は入らなかった」と新設の正当性を訴えた。

 前川氏は、政府が2015年に閣議決定した獣医学部新設の4条件について、「文科省は(加計学園が)満たしていないと主張した」と説明。和泉氏から昨年9月に「首相は自分の口から言えないから、自分から言う」と早期開学を促されたと証言した。菅義偉官房長官は「和泉氏は首相から指示を受けたことはないと言っている」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文958文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集