安倍政権支持率

内閣改造、効果に疑問の声 各社調査で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
最近の各社世論調査の内閣支持率
最近の各社世論調査の内閣支持率

 安倍内閣の支持率下落に歯止めがかからず、政府・与党に危機感が広がっている。毎日新聞の6月の全国世論調査で1年8カ月ぶりに不支持が支持を上回ったのに続き、読売新聞などの調査でも不支持と支持が逆転した。政府高官は「想定より下がった」と語り、安倍晋三首相が8月初旬に実施する内閣改造・自民党役員人事の政権浮揚効果を疑問視する声も出始めた。

 報道各社の世論調査で、内閣支持率は東京都議選を前に急落し、自民党は23議席の歴史的惨敗を喫した。今回、読売新聞では支持率が前回(6月17、18日)から13ポイント減の36%に落ち込み、不支持率は52%にはね上がった。朝日新聞は不支持率47%、支持率33%で、前回(今月1、2日)より差が広がった。NHKや日本テレビの調査でも不支持が支持を大きく上回っており、首相官邸筋は「都議選後も状況は変わってい…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文730文字)

あわせて読みたい

注目の特集