メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計問題

野党、首相出席を要求 与党は予算委容認も

 10日の閉会中審査で加計学園問題の解明が進まなかったことを受け、民進党など野党は「審議は不十分」として、安倍晋三首相が国会の場で詳細に説明するよう改めて要求を強めた。首相が出席する衆参予算委員会の集中審議と、臨時国会の早期召集を求め、慎重な姿勢の自民党と攻防が続いている。ただ、内閣支持率急落や東京都議選の惨敗で押し込まれる自民党内では「予算委は受け入れざるを得ない」との声も上がる。

 「首相は意気揚々と内閣改造を語っているが、あまりにも国民感情からかけ離れている。閉会中審査は首相の外遊中を狙ったように設定された」。10日の衆院文部科学・内閣両委員会合同の閉会中審査で、民進党の福島伸享氏は、政府・与党をこう批判した。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです