メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「行政のゆがみ、岩盤規制から」今治市長

 加計学園の獣医学部新設を巡り、衆参両院で閉会中審査が行われたことを受け、開学が予定されている愛媛県今治市の菅良二市長が10日、報道陣の取材に応じた。菅市長は、参考人の前川喜平・前文科事務次官が、同学部新設の経緯を「非常に不合理な意思決定だった」と証言したことについて疑問を示し、「(地元側の)長い年月のひたむきな努力が反映されていたのかなと思う」と語った。

     また、「行政は長い年月、(官僚に)ゆがめられていたのではないか。長い長い岩盤規制によって(ゆがめられたの)だと思っている」とコメント。官邸側に「行政がゆがめられた」とする前川氏の主張を逆手に取り、批判した。【松倉展人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
    2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
    3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
    4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
    5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]