メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

稀勢の里に初日 日馬富士は2連敗

貴景勝を突き落としで降した稀勢の里(左)=愛知県体育館で2017年7月10日、木葉健二撮影

 大相撲名古屋場所2日目の10日、稀勢の里は、初顔の貴景勝との突っ張り合いを制して初日を出し、幕内通算勝利数を698とし、旭天鵬を抜いて単独8位になった。白鵬と鶴竜は危なげない相撲で2連勝したが、日馬富士は正代に土俵際で逆転負けし、2連敗した。

 新大関・高安は出足鋭く初勝利を挙げた。照ノ富士と豪栄道の両大関は力なく、連敗した。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです