メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『最愛の子ども』『女の子が生きていくときに、覚えていて……』ほか

[PR]

今週の新刊

◆『最愛の子ども』松浦理英子・著(文藝春秋/税別1700円)

 『奇貨』から5年、松浦理英子が放つ新作長編『最愛の子ども』は、神奈川県下の男女共学の私立高校が舞台。ただし、男女のクラスは別で、互いに仲が悪く、並の学園ドラマではない。

 2年4組の仲良し3人組の真汐、日夏、空穂。彼女らは空想の学内ファミリーを作り、それぞれママ、パパ、王子という役割を担う。現実の家族より「ほんもの」に思えてくるのだった。そう書けば、突拍子もない小説みたいだが、ここに描かれた少女たちの内実は、きわめてリアルだ。

 「わたしたち」という主語で、この年齢の女子が抱える心の翳(かげ)りや葛藤が露(あら)わにされる時、何も考えずケラケラ笑っているだけに見えて、女子高校生たちの神経は、そよぎ、揺らいでいると知るのだ。

 疑似ファミリーの均衡が崩れる時、互いに牽制(けんせい)し合う3人の「孤独」が見えてくる。流行のジェンダー論や物語の神話性によりかからず、女性の「性愛」を表現し尽くして、ただただ見事だ。

◆『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』西原理恵子・著(角川書店/税別1100円)

 『毎日かあさん』の西原理恵子も、娘が反抗期を迎え、船出の時が来た。『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は、わが体験に照らし合わせ、娘に伝えたいことを記す。

 16歳の娘は、新しい夢を持ち、母親の後ろ姿しか見なくなっている。「おかあさんは、何もわかってない!」。ときとして身勝手な態度を前に、爆発しそうになった時の「5分間ルール」は、別の部屋でクールダウンせよ。

 高知の田舎から上京して、いきなり最下位から始まった「絵」の仕事。著者は、そこで初めて自分の立ち位置を知る。だから「要らんプライドをへしおられて、目が覚めてからが本当のはじまり」と、人生航路初心者の娘に、心優しき処方箋を書くのだ。

 寂しさゆえに男を切れなかった昔。「いつまでも男捨離しないでいると、人生が汚部屋になりますよ!」。体験済みの助言はつねに名言となる。こんなお母さんを持てて、娘さんは幸せだ。

◆『白骨』M・ヨート&H・ローセンフェルト/著(創元推理文庫/上下各税別1040円)

 脚本家M・ヨート&H・ローセンフェルトによる人気シリーズ。『白骨』(ヘレンハルメ美穂訳)は、山中で見つかった六人の白骨遺体が発端。国家警察の殺人捜査特別班が動き出すが、難事件のため要請したのが犯罪心理捜査官のセバスチャン。腕利きだが、女癖が悪く、方々でトラブルを起こす。現在、ストーカーの女性と同居中という内憂外患ぶり。一方、移民男性の失踪事件を追いかけるテレビ取材班がからみ、あちこちでトラブルが勃発する。キャラクターが濃い、異色北欧小説の第3弾。

◆『鶴八鶴次郎』川口松太郎・著(光文社時代小説文庫/税別680円)

 成瀬巳喜男監督、山田五十鈴と長谷川一夫の名演が忘れがたい映画『鶴八鶴次郎』。その原作者が川口松太郎。同作は第1回直木賞受賞作だ。太夫の鶴次郎、女三味線弾きの鶴八。人気新内(しんない)語りの二人は、芸道への精進に身も心も捧(ささ)げるがゆえに、衝突が絶えない。夫婦となる約束をし、念願だった寄席まで持つが、再び大げんかし、別々の身に。ほか「風流深川唄」「明治一代女」と、著者畢生(ひっせい)の世話物三作を収めた。芸道と男女の情愛と哀れを描いて、ほとんど無類の巧(うま)さをご堪能あれ。

◆『みんなの朝ドラ』木俣冬・著(講談社現代新書/税別840円)

  坪内祐二という登場人物まで現れ、ますます快調で目が離せない「ひよっこ」。木俣冬『みんなの朝ドラ』は、「おしん」「ちゅらさん」「ゲゲゲの女房」「あまちゃん」「とと姉ちゃん」など、朝恒例のNHK「連続テレビ小説」の系譜をたどり、その人気の秘密を分析する。一時低調だった朝ドラに新しい風が吹いたのは、いつから? ツイッターなどSNSの拡散効果がドラマを変えた。時代の変化を読みつつ視聴者心理に寄り添うなど、調べは行き届き、読みも深い研究書だ。

-----

岡崎武志(おかざき・たけし)

 1957年、大阪府生まれ。高校教師、雑誌編集者を経てライターに。書評を中心に執筆。主な著書に『上京する文學』『読書の腕前』『気がついたらいつも本ばかり読んでいた』など

<サンデー毎日 2017年7月23日号より>

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです