メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

「子午線の祀り」 身体性で明快に再構築=評・濱田元子

 月の引力による潮目の変化が、源平の勝敗を決したことから構想し、天の視点から人間の葛藤を描く木下順二の傑作戯曲。野村萬斎の新演出は、古語から現代語までの豊かな劇言語に身体性を乗じ、躍動する絵巻さながら。明快に再構築する。武満徹音楽。

 兄宗盛(河原崎国太郎)に代わり平家を指揮する知盛(萬斎)は、主戦論を唱える四国の豪族、阿波民部重能(村田雄浩)と対立。源氏方でも、義経(成河)と兄頼朝から遣わされた目付け役の梶原景時(今井朋彦)の間にきしみが生じる。平家が滅亡へ向かうなか、こ…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです