メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

業況判断

全国上回る 伊勢崎商議所など調査 4~6月 /群馬

 伊勢崎商工会議所とアイオー信用金庫(本店・伊勢崎市)は11日、伊勢崎佐波地区(伊勢崎市と玉村町)の今年第2四半期(4~6月)の中小企業景気動向について「全国的な基調を上回る改善傾向を維持している」とする共同調査結果速報を発表した。

 調査は、商議所の会員企業とアイオー信金の取引先を対象に、四半期ごとに実施。今期は386社に面談・聞き取り調査して368社から回答を得た。

 全業種の業況判断DI(「よい」とする回答数から「悪い」とする回答数を引いた指数)は、マイナス9・2だったものの、前期より3・0ポイント改善した。中小企業基盤整備機構による全国調査のマイナス15・9を上回った。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです