メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ミャンマーホストタウン 交流発展期待 鶴ケ島市、城西大会見 /埼玉

会見したミャンマーのトゥレインタンズィン大使、藤縄善朗鶴ケ島市長、白幡晶城西大学長(左から)=鶴ケ島市三ツ木の市役所で

 2020年東京五輪・パラリンピックで参加国・地域との交流を担う自治体「ホストタウン」に、鶴ケ島市がミャンマーのホストタウンとして登録され、同市と駐日ミャンマー大使、スポーツ施設などを提供する城西大が11日、同市役所で共同記者会見を開いた。

 藤縄善朗市長は登録を受けて「ミャンマーとの交流の輪が一層大きく広がり、スポーツだけでなく、多くの分野で相互交流を発展さ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです