メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳選挙権

「主権者意識高めて」 西脇北高で初の議会報告会 /兵庫

西脇市議が市の現状や選挙、市議会の仕組みなどを説明した報告会=兵庫県西脇市の西脇北高で、広田正人撮影

 多部制・単位制で知られる県立西脇北高校(西脇市郷瀬町)で11日、「高校生版『議会報告会』~若者が拓(ひら)く西脇の未来」があった。昨年4月に選挙権が18歳以下に引き下げられたことを受けて、同市議会が関心を持ってもらおうと初めて開催。市議らが選挙制度の仕組みなどを説明し、生徒たちに政治への参加を呼びかけた。【広田正人】

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです