連載

K原さんちの里山探検

鳥取県南部町で暮らす自然観察指導員の桐原真希さん一家。山陰の生きものたちと里山の暮らしをご紹介します。

連載一覧

K原さんちの里山探検

/2 青い鳥、ブッポウソウ 「森の宝石」巣立ちの季節 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 この青い鳥と、まさかここまで深いお付き合いになるとは、関東から引っ越してくるまで思ってもみませんでした。こんなに美しい野鳥が、家から自転車で走ってすぐの所で飛び交い、子育て中とは。鳥好きの私たち家族にとってなんと恵まれていることか。

 コバルトブルーをまとった翼に、鮮やかな赤い嘴(くちばし)、そして白く見える二つの大きな斑紋がとても印象的な希少種の夏鳥。大きさは鳩くらいで、全国に2000羽もいないとされています。鳥取県では県条例で保護され、広島、岡山、長野県などでも保全のためにブッポウソウ用の巣箱が設置されています。

 現在鳥取県内では、NPO法人日本野鳥の会鳥取県支部を中心に調査や観察会などが行われています。毎年6月と7月に、私と夫は野鳥の会の方と一緒に、特別な許可の元で電柱に設置されている巣箱の中の様子を確認し、足環(あしわ)を付けたり体重などの計測をしています。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1251文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集