夏の高校野球

山口大会 白球を追って/5 安定の徳山商工 追う柳井、岩国、聖光 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨秋と今春の県大会で4強と安定する徳山商工を筆頭に、柳井、岩国、聖光も上位をうかがう。

 徳山商工の主戦吉村は、直球とスライダーを武器に制球よく投げ込む。変則左腕高尾は、多彩な変化球を織り交ぜ的を絞らせない。打線は長打が魅力の主将吉積が鍵か。

 岩国は状況に応じた投球が売りのエース日下、完投力のある木原らが柱。高打率の佐伯大が切れ目のない攻撃を支える。

 柳井は最速140キロに迫る久良を軸に、チェンジアップを操る弘中、制球力のある鮎川ら充実の布陣。バットも好調な久良は投打で活躍できる。

この記事は有料記事です。

残り1328文字(全文1571文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい