メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法ルネサンス

遺志継ぐ「若松組」 権力側から描くな

闘った若者の記録残す

 本番まで8日。東京・板橋の演劇用フリースペースでは、3月1日夜も舞台版「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」の稽古(けいこ)が続いていた。

 場面は1971年12月の山岳アジト。赤軍派と革命左派の共闘組織「連合赤軍」を一つの党派にしよう--。赤軍派のリーダー、森恒夫元被告(73年獄中自殺)が提案する。

 革命左派のリーダー、永田洋子元死刑囚(2011年病死)は快諾し「私たちは、きょうから『われわれ』に…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2319文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]