九州ラーメン党

おいしさで笑顔に 障害者の店開業 益城 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
障がい者が接客するラーメン店で「時給3倍増を必ず達成します」と抱負を語る九州ラーメン党の濱田理事長(右)
障がい者が接客するラーメン店で「時給3倍増を必ず達成します」と抱負を語る九州ラーメン党の濱田理事長(右)

 益城町のNPO法人「ボランティア仲間 九州ラーメン党」=濱田龍郎理事長(72)=のラーメン店の開所式が11日、同町古閑であった。知的、精神、身体の障害がある18~62歳の10人が交代で接客や片付け、洗い物などを担当する。

 九州ラーメン党が進める「福祉村」構想の中核施設。障害者の就労支援施設「そよかぜ福祉作業所」の運営と並行して、全国の被災地でラーメンの炊き出しを続けてきた濱田さんに対し、日本財団が障害者…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集