メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

高齢者の「フレイル」って?=回答・細川貴代

筋肉減り認知機能低下 予防が可能

 なるほドリ 高齢者の「フレイル」という言葉を聞いたよ。

 記者 老化(ろうか)に伴い、筋肉の減少に加えて、日常の活動量が減ったり、物事を正しく理解して実行する認知(にんち)機能が低下したりした状態を指します。「虚弱(きょじゃく)」などと訳されてきましたが、早く対処(たいしょ)すれば、進行を防いだり健康な状態に戻したりすることが可能なことから、日本老年医学会が2014年に新たな呼び方を提唱しました。日常生活に支援が必要になる「要介護(ようかいご)状態」の一歩手前といえます。

 Q その人がフレイルなのか、そうでないのかは、どう判断するの?

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞、今年はUSJのクリスタル・クリスマス・アンバサダーに「人々を輝かせたいという思いで」

  5. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです