メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

核兵器禁止条約制定

 広島、長崎への原爆投下から72年。核兵器を法的に禁じる条約が初めて制定された。前文に「ヒバクシャ(被爆者)」の苦しみと被害への「留意」が明記され、「核なき世界」に向けての一歩が踏み出された。条約の意義と核軍縮への影響、今後の課題は。核保有国が参加しない枠組みに実効性を持たせるにはどうしたらいいのか。

この記事は有料記事です。

残り4377文字(全文4528文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです