メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

迷走の受動喫煙対策=阿部亮介(医療福祉部)

厚労相は決断と行動を

 6月18日閉会の通常国会で、成立を目指していた受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案は、提出すらされなかった。飲食店での規制を巡り、厚生労働省と自民党との間で隔たりがあり、調整が付かなかったためだ。秋に想定される臨時国会では今度こそ、東京五輪・パラリンピック開催国として実効性ある対策を盛り込んだ法案を提出し、成立させるべきだ。法案提出の責任者である塩崎恭久厚労相には、前に進めるためのさらなる「決断」と「行動」を求めたい。

 厚労省が昨年10月に公表した案では、小中高校や病院を「敷地内禁煙」、官公庁などを「屋内禁煙」と分類…

この記事は有料記事です。

残り1772文字(全文2045文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです