メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田
南シナ海判決

識者「法の支配限界」 条約、強制執行できず

 中国の権益主張を退けた仲裁裁判所判決から1年を経て、紛争現場となった南シナ海では中国の「実効支配」が着実に進むという皮肉な現状が進んでいる。「国連海洋法条約は仲裁判決を強制執行する仕組みがない」。国際法に詳しい同志社大の坂元茂樹教授は「法の支配」の限界をこう指摘する。

 仲裁判決後、中国は判決そのものを「違法かつ無効」とし、それに従わない意思を示し続けている。判決から1年が過ぎた後も、中国の「判決の有名無実化」を狙う立場は変わらない。

 もう一方の当事国、フィリピンは、棚上げには同意しつつも判決自体は放棄していない。「中国の経済援助を…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文725文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 全国高校女子硬式野球選手権 神戸弘陵、初戦は室戸 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです