野球

侍J監督に稲葉氏有力 WBC出場経験など評価

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪に向け、野球日本代表「侍ジャパン」の新監督に、プロ野球のヤクルトや日本ハムで活躍した稲葉篤紀氏(44)が有力候補となっていることが11日、球界関係者への取材で明らかになった。

 代表監督は、プロとアマチュアで組織する日本野球協議会(会長・熊崎勝彦プロ野球コミッショナー)の侍ジャパン強化委員会が選考作業を進めてきた。

 稲葉氏は、監督経験はないが、選手として08年北京五輪、09、13年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場。今年3月のWBCでは打撃コーチを務めるなど、国際大会の経験が豊富であることが評価された。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文465文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集