メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
雑記帳

東日本大震災の津波で甚大な被害が出た…

会場では新地町の犠牲者の数と同じ119本のろうそくがともされた=福島県新地町大戸浜で2017年7月11日午後7時48分、宮崎稔樹撮影

 東日本大震災の津波で甚大な被害が出た福島県新地町の有志が11日、町内の犠牲者をしのび、慰霊の杯を傾ける催しを始めた。津波に襲われたまちを望む高台の遺族宅で、月命日に開く。

 新地町での慰霊の催しは、町が主催する毎年3月11日の追悼式ぐらい。地元住民から「3月以外も亡き人を思いたい」との声が上がり、月…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです