メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

ヒアリ、傾向と対策 人の生活圏で営巣、集団攻撃 スズメバチ同様、アレルギー反応注意

もしかしてヒアリかも!?(見分け方)

 <access>

 毒を持つ「ヒアリ」への不安が広がっている。刺されるとまれに重いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)で死に至る。実は国内侵入を10年ほど前に著書で予言し、刺されたこともある日本人研究者がいるというので話を聞いた。生態や対処法は? そもそもどれほど恐れるべきなのか?【和田浩幸】

 環境省によるとヒアリは20世紀はじめに南米から貨物船で米国に侵入。今世紀に中国や豪州、東南アジアなどに広がった。国内では5月以降、中国から神戸に着いたコンテナ内で女王アリを含む500匹以上が見つかるなど計6カ所で確認。働きアリは繁殖に関係ないが、卵を産む女王アリが計3匹見つかっている。

 侵入を予言したのは北海道大名誉教授の東正剛(ひがしせいごう)さん(動物生態学)。米国では年間100…

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1137文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです