メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニホンジカ

わな見分け猟師警戒 捕獲数減少 長野

 ニホンジカやイノシシなどへの対策を考える長野県の「野生鳥獣被害対策本部会議」の今年度初会合が11日、県庁で開かれた。食害など農林被害が最も大きいニホンジカの昨年度の捕獲数は目標を大きく下回り、中島恵理副知事は「被害が減少し成果は出ているが、新たな対策に取り組みたい」と話した。

 昨年度のニホンジカ捕獲の目標数は4万頭だったが、実際に捕獲できたのは2万5733頭だった。また、昨年度の野生…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 京大の時計台記念館を学生が“占拠” 職員とトラブル、機動隊出動し一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです