メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

4羽を放鳥…母鳥は誤射死、人工飼育 島根

放鳥されたコウノトリ=島根県雲南市で2017年7月12日午前、久保玲撮影

 島根県雲南市で5月、地元ハンターの誤射で母鳥を失った国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園での人工飼育で無事成長し、雲南市教委が12日、生まれた巣から近い水田で放鳥した。4羽は次々に大空に羽ばたき、住民らから歓声が上がった。

 4羽の体重は保護された時には2.6~3キロだったが、郷公園でドジョウなどを4羽で1日計約4キロ食べ、現在は…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです