メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土

北海道定期航路検討 日露次官級協議で8月議論

北方領土

 日露両政府は、北方領土での共同経済活動の実現に向け、北方領土と北海道を結ぶ定期航路を開設する検討に入った。日露外交筋が明らかにした。既にロシア側から打診があり、8月下旬にモスクワで開く日露次官級協議で議論する方向だ。日本政府としては、定期航路へのロシア法適用を避けるなど、共同経済活動と同様に日本の主権が侵害されないような法的枠組みを求める方針で、慎重に協議を進める。

 定期航路の開設はロシア側の要望。共同経済活動に関する日本の官民調査団が6~7月に国後、択捉、色丹の3島を訪問した際に、北方領土を事実上管轄するサハリン州のコジェミャコ知事らと話題にしたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです