メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク

トランプ氏「大きな前進だ」 モスル勝利

アバディ首相が正式表明 ラッカ奪還作戦が次の焦点に

 【カイロ篠田航一、ワシントン会川晴之】イラクのアバディ首相は10日、国営テレビで演説し、過激派組織「イスラム国」(IS)が最大拠点としていたイラク北部モスルでの戦闘に勝利したと正式に表明した。モスルはISが占領した2014年6月以降、3年に及ぶIS支配から解放された。トランプ米大統領は声明で「大きな前進だ」と祝福し、ISの「完全な滅亡」を目指すと主張。今後は、ISが「首都」と位置付けるシリア北部ラッカで米軍主導の有志国連合側が進める奪還作戦が焦点となる。

 アバディ首相は現地でイラク兵士らの前で演説し「テロリストによる虚構の国家が崩壊した」と宣言。「我々には安定を生み出すというもう一つの任務がある」として、国民に団結を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです