メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンダの赤ちゃん

生後1カ月 シンシンの子育て順調

母親のシンシンの右前足に抱かれているジャイアントパンダの赤ちゃん=2017年7月1日正午ごろ(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの雌の赤ちゃんが生まれて12日で1カ月。母親のシンシン(12歳)の子育ては順調な様子で、赤ちゃんはすくすく育っている。体重は生後20日で、生まれた直後の4倍超になった。自然繁殖で生まれた同園のパンダは2頭目。5年前に生まれた雄は生後6日で死んでおり、飼育員らは日々、24時間態勢で見守っている。

 「ギャー、ギャー」。6月12日、5年ぶりとなるパンダの赤ちゃんの産声が、パンダ舎に設置した産室に響くと、飼育員からは「おっ」と歓声が上がったという。福田豊園長も直後の記者会見で「飼育担当チームが的確、適切に管理して繁殖期に臨んだ。出産して、非常にうれしい」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです