JASRAC

BGM無断利用で初提訴 高松と札幌の店を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は11日、店内でBGMとして楽曲を流しながら著作権使用料を約10年間支払わなかったとして、高松市内でバーを経営する男性を相手取り、楽曲の利用禁止と著作権料に当たる約7万円の損害賠償を求めて高松地裁に提訴した。札幌市の理容院経営者に対しても同様の訴訟を同日起こした。協会がBGMの無断利用で提訴するのは全国で初めて。

 協会によると、バーは2007年8月に開店し、翌月から今年6月までCDの音楽を無断で利用し、無断使用停止を求める民事調停にも店側が応じなかったため、提訴に踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集