ビットコイン着服

無罪主張の元社長、ハッキング訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 仮想通貨「ビットコイン」の取引サイト運営会社「マウント・ゴックス」(東京都、破産手続き中)の顧客らから預かった資金を着服したなどとして業務上横領罪などに問われた同社元社長、マルク・カルプレス被告(32)は、11日の東京地裁(入江猛裁判長)の初公判で無罪を主張し、公判後に東京都内で記者会見した。カルプレス被告は顧客のビットコインが消失した問題について「ハッキングが原因で、取り戻したい」と説明した。

 マ社は2014年、「不正アクセスで(利用者や同社が保有する)約85万ビットコイン(当時のレートで約480億円)が消失した」と発表し、破産手続きに入っている。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文506文字)

あわせて読みたい

注目の特集