メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かまれた70代男性が死亡 国内2例目 北海道

 北海道は11日、ウイルスを持ったマダニにかまれて「ダニ媒介脳炎」を発症した道内の70代男性が死亡したと発表した。国内での感染確認はいずれも道内で今回が3例目。死者は2人目となる。

 道保健福祉部によると、男性は6月中旬に発熱や意識障害などの症状が出たため函館市の病院に入院し、今月7日までに死亡した。マダニにかまれた状況は分かっていない。

 道内では2016年8月に40代男性がダニ媒介脳炎を発症して死亡。これが全国初の死亡例だった。北海道大の研究チームが今年、札幌市内に生息するアライグマやネズミなどの野生動物84匹の血液を調査したところ、1割を超える10匹がダニ媒介脳炎のウイルスに感染していたことが判明した。

 道は山や草やぶなどに入るときはサンダルばきを避け長袖、長ズボンを着用して肌の露出を少なくするよう呼びかけている。マダニにかまれた場合は無理に引っ張らず、医療機関で除去する必要があるという。【田所柳子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 沼津工高電子科 3年40人、国家試験に全員合格 /静岡
  3. 傷害容疑 「歩きスマホが悪い」と体当たり、女性が重傷
  4. 岐阜・正面衝突 80歳代の夫婦死亡 トンネル内で
  5. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]