島根原発1号機

廃炉作業工程は4段階 45年までに完了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 島根原発1号機の廃炉計画は、作業工程を4段階に分け、2045年度までに完了するとしている。第1段階は21年度までの5年間で、解体の準備期間。原子炉建屋内部の配管や設備の放射線量の測定が中心となる。原子炉本体の解体や撤去が始まるのは30年度からの第3段階だ。

 今回、国の原子力規制委員会の計画認可を受け、県と松江市が事前了解したのは、行程全体の見通しと…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

注目の特集