メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はや2くんの冒険日誌

(2)兄の困りごと教訓に機体にさまざまな創意工夫

はや2くんのチャームポイントである2枚のアンテナは、1枚は通信できるデータの量がこれまでの4倍にもなる=イラスト・小野瀬直美

 それでは、ぼくの弟、はや2くんの具体的な紹介を始めよう。 

 はや2くんは基本的にぼくとよく似ている。実験のための工学試験機だったぼくの経験を生かして、今度は小惑星の探査に集中することができるようにね。もちろん、ぼくの旅路で明らかになった問題点や心配な点はできる限り手直しをした。また、2003年にぼくが旅立ったあとに開発された新しい技術も、入念なチェックをして組み込まれたよ。それから、はや2くんを打ち上げるロケットは、ぼくを打ち上げたものよりも力持ちだから、はや2くんはぼくよりもちょっとだけ、大きくて重いんだ。

 小惑星リュウグウに向かう、はや2くんへの最大のプレゼントは、ぼくの経験の記録ともいえる。小惑星イトカワに行き、観測をして、サンプルを拾い、地上に持ち帰るというぼくの旅は、初めてのことばかりだった。だから、研究者たちは、ぼくに起こったことやぼくの動きとその結果のすべてを、可能なかぎり記録して分析した。例えば、太陽の向きと発電量の関係や、機体の温度分布、リアクションホイール(ぼくの姿勢や向きを変える…

この記事は有料記事です。

残り3093文字(全文3551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです