メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はや2くんの冒険日誌

(2)兄の困りごと教訓に機体にさまざまな創意工夫

はや2くんのチャームポイントである2枚のアンテナは、1枚は通信できるデータの量がこれまでの4倍にもなる=イラスト・小野瀬直美

 それでは、ぼくの弟、はや2くんの具体的な紹介を始めよう。 

 はや2くんは基本的にぼくとよく似ている。実験のための工学試験機だったぼくの経験を生かして、今度は小惑星の探査に集中することができるようにね。もちろん、ぼくの旅路で明らかになった問題点や心配な点はできる限り手直しをした。また、2003年にぼくが旅立ったあとに開発された新しい技術も、入念なチェックをして組み込まれたよ。それから、はや2くんを打ち上げるロケットは、ぼくを打ち上げたものよりも力持ちだから、はや2くんはぼくよりもちょっとだけ、大きくて重いんだ。

 小惑星リュウグウに向かう、はや2くんへの最大のプレゼントは、ぼくの経験の記録ともいえる。小惑星イト…

この記事は有料記事です。

残り3243文字(全文3551文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです