メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露介入疑惑 トランプ氏「知らなかった」 露弁護士と面会、長男を擁護

 【ワシントン山本太一】トランプ米大統領の長男トランプ・ジュニア氏が昨年の大統領選中に露政府とつながりがあるロシア人弁護士と面会した問題で、トランプ氏は12日、ロイター通信のインタビューに対し「(面会があったことは)数日前に聞くまで知らなかった」と話した。また、「(同様の依頼があれば)多くの人が面会すると思う」と述べ、問題はないと強調した。

 ジュニア氏をめぐっては昨年6月、大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン元国務長官に不利な情報の出所がロシア政府であると認識しながら、提供を期待して弁護士と接触したことが問題視されている。トランプ氏は12日、ツイッターで「息子は潔白だ。政治史上、最大の魔女狩りだ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです