メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「怒り」をコントロールするには 自分の価値基準、把握して

アンガ-マネージメントの方法

 週刊誌報道で、自民党(後に離党届を提出)の豊田真由子衆院議員(42)が、政策秘書(当時)に暴言を浴びせ、暴行していたことが発覚した。ここまでの「激怒」はまれにしても、最近、イライラしている人は増えている。「怒り」が生まれるメカニズム、そのコントロールの方法を専門家に聞いた。【葛西大博】

深呼吸や6秒待つこと/「絶対」「必ず」は使わない/記録でパターンを知る

 「怒り(英語・アンガー)」を詳しく知るために、「日本アンガーマネジメント協会」(東京都港区)を訪ねた。ここでは、1970年代に米国で始まった怒りをコントロールする心理トレーニング「アンガーマネジメント」を実践している。代表理事の安藤俊介さんは「怒ること自体は構いません。しかし、喜怒哀楽の中で唯一、怒りは人生を壊す恐れがある感情なので、コントロールする必要があるのです」と語る。

 2011年発足の日本アンガーマネジメント協会の講座や講演研修の受講者数は、12年に8549人だった…

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2384文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです