メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「諸説あり!」プロデューサー・初瀬川啓太 「現場」にこだわりさん

 「邪馬台国はどこにあったのか」「地震予知は本当に不可能なのか」--。歴史や科学のさまざまな諸説や謎に迫るBS-TBS「諸説あり!」(土曜午後10時)。「歴史好きの人も、歴史に詳しくない若い人も楽しめる、幅広い層に見てもらえる番組を作ろうと思った」と番組発案のきっかけを語る。

 毎回、一つのテーマを基にさまざまな説を検証していくのだが、大切にしているのは、「現場に行って話を聞いたり物証を調べたりして、自分たちも納得できる説しか紹介しない」ということ。だから「なるべく現場に行き、ロケ撮影する」ことにこだわる。また、BSらしい地に足の着いた番組を目指し、字幕に色をつけて特定の説を強調するような演出…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

  2. グノシー虚偽広告問題 識者「広告主でさえ把握できず」「消費者軽んじすぎ」

  3. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  4. 台風12号が北上 本州接近へ 23~25日、大荒れ警戒

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです